NikonからFUJIFILMに移行した理由

D610→X-T1


一時期は2台持ちでしたが、すぐにFUJIFILMに完全移行しました。

その理由を書こうかなあと思います。

まず、あんま意味ないんですけどとりあえずスペック比較します。

機種名 D610 X-T1
重量 760g 390g
センサーサイズ フルサイズ APS-C
画素数 2426万画素(有効画素数) 1630万画素(有効画素数)
液晶 動かない チルト式
シャッタースピード ~1/4000 ~1/32000
SDスロット数 2 1

表見たらわかると思うんですけど、この2つのカメラ2台持ちはさすがに重すぎる。

ボディだけで1キロ超えるのでレンズも付けて、替えのレンズも持ち歩くとなると2キロ行きそう。

あとX-T2買えば画素数とSDスロット数は改善します。私はX-T2を買うメリットが少ないなあと感じたので買ってません。レンズ買い足したほうがいいかなと!




NikonからFUJIFILMに移行した1番の理由はカメラの見た目です。Nikon買ったときは、スペックで買ったんですけど2年くらい使ってたらなぜか見た目がかっこいいカメラが欲しくなりました。

以下の理由は別にFUJIFILMでなくてもいい理由のため適当に読んでください。

2番目の理由は、カメラの重さと大きさです。表で比較したように約1/2の重さなんですよね。移行当時はかなり軽く感じました。大きさもかなり小さくなったので普段使いのバッグに入るようになりました。D610を使っていた時は、カメラ用のでかいバッグを使っていたり重いので持ち歩く機会も少なかったです。今では常にカメラを持ち歩くようになりました。重さもあまり苦にはなりません。

移行した理由はいろいろあるんですけど特にこの2つが大きく占めています!

次にFUJIFILMに移行してから気づいたメリットとデメリットを紹介します。

メリット

FUJIFILMに移行して感じたメリットを紹介します。

電子ビューファインダーが便利!D610の場合ファインダーで見ているものと撮影した写真の色や露出などが異なっていました(ファインダーにカメラの設定が反映されない)。しかし、電子ビューファインダーの場合これから撮影する写真がどのように写るかファインダーに反映されるため、D610の時よりも露出調整などをする時間が減りました(ファインダーにカメラの設定が反映される)。

ファインダーと液晶の切り替え!D610ではファインダーを覗いて撮影する場合と液晶で撮影する場合ではボタンを押して切り替える必要がありました。X-T1では、ファインダーを覗けばファインダーにファインダーから目を離すと液晶に切り替わる機能がついています。便利!物撮りの時も液晶で構図を決めて、ファインダーで覗いてピントを合わせて撮る際にボタンを押す動作がいらないので便利。

フォーカスアシスト!液晶では大抵のカメラは拡大しピントを合わせることができるのですが、これをファインダーでもできるのが便利です。オールドレンズを使うときはもちろん、XF35F1.4などのAFが死ぬほど遅いレンズでピントを合わせる際に便利です。

チルト式液晶!ローアングルやハイアングルなどの構図で撮影がしやすくなりました。まあローアングルは地面に寝ればいいんですけどね。また、X-T2では縦位置でのいローアングル撮影もしやすくなっています!

ダイヤルで設定が分かりやすい!ダイヤルでISO、SSを設定できるのでオシャレ&わかりやすいです。X-T10などISOダイヤルがない機種もあるので注意が必要です。




フィルムシミュレーション!クラシッククロームなど色味を変えることができる。

XF56mmF1.2RやXF35mmF1.4などいいレンズがある!F1.2はなかなかない。

シャッタースピードが1/32000まで可能!上記で挙げた明るいレンズを昼間にも使えるように電子シャッターがついている。D610では絞るかNDフィルターが必要な場面でも電子シャッターがあるので便利!電子シャッターだと結構歪むらしいけどよくわからん。

こんな感じですかね!思い出したら追記します!

デメリット

FUJIFILMに移行して感じたデメリットを紹介します。

電源入れてから撮影まで時間がかかる!D610では電源を入れてすぐに撮影ができましたが、X-T1では一定時間かかります。まあまあストレスです。最近は慣れてきたので早めに電源を入れています。シャッターチャンスを逃す。

レンズが高い!他のマウントに比べて基本的にレンズが高いです。CANONのレンズと比べるとびっくりします。ぜひ比較してみてください。

AFが遅い&迷う!XF35mmF1.4が特に遅くて迷うのですが、日陰にいる被写体にピントは基本合いません。慣れたら自分でピント合わせたほうが速い場合もありそう。しかし、勝手にピントを外してくれるのでたまに意図せずいい感じの写真が撮れていたりします。

AE-Lボタンの位置が微妙!親指AFをする際にボタンの位置が微妙なためフォーカスアシストボタンを長押ししてしまうときがあります。フォーカスアシストボタンを長押しすると、デジタルピーキングなどに切り替わってしまうため面倒です。

ストロボ!HSSに対応しているストロボが少ない!最近ニッシンi40などのニッシンのストロボがHSSに対応しました!てか純正でHSS対応していないって、、、

まとめ

FUJIFILMに移行してよかった~!




ミラーレスで常に持ち運べるサイズのカメラがちょうど自分に合っていたのかもしれない。

レンズがもう少し安くなってくれればな~!

D610

X-T1

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。