Kodak PRINTOMATIC 作例

Kodak Printomatic ポラロイド

 

スペックなどは上のリンクからどうぞ~!




 

使用感

シャッターを押すだけで写真を撮ることができ、片手で気軽に撮影が可能でした。kodakprintomaticは、iPhone7より縦幅が少し小さく横幅が少し大きいサイズ感なためポケットに入れることもできました。

フラッシュも自動で測光し発光しますが、撮影の際に暗いと感じるときも発光しない時があるため注意が必要です。

シャッター音はシャッターボタンを押すと「ピッ」っと鳴ります。設定で無音にすることはできないようです。プリント時もかなり大きな音がするので静かな場所では注意が必要ですね。

用紙がなくなっても撮影は可能でした。ですが、カメラが印刷をしようと印刷時の音を出す時もありました。液晶がないのでデジタル版「写ルンです」感覚で使用することもできるかなあと思いました。

写ルンですの代わりに流行らないかな~!

てか写ルンですって本当に流行ってるのかな?新潟で見かけたことないぞ~

 

作例!




今回暗めの室内で撮影してしまったのでわかりにくいかもしれませんが・・・

やはり測光の制度は良くないようで逆光時には昔のスマホのような写真に・・・

モノクロとカラーの切り替えはほんと瞬時にできるため、スナップ好きにもいいかも

では!

コメントを残す