Canon Autoboy MINI T 

最近はSimpleUseFilmCameraをよく使っていたのですが、カフェなどのフラッシュが使えない環境で使いにくいなあと思いまして買ってみました!

コンパクトフィルムカメラを購入する際に重視した点は、

・レンズの明るさ
・サイズ
・フラッシュの切り替え
・日付

ですかね!

特にフラッシュの切り替えはかなり重視しました。コンパクトフィルムカメラは自動でフラッシュを炊くものが多く、フラッシュを常にOFFにしておくことができる物が欲しかったためです!カフェとかでフラッシュたかさったら終わり!!!

色々調べると、コンパクトフィルムカメラによって電子設定式や物理ボタン式など様々なようでした。

また、電源を切ると一度OFFにした設定が元に戻ってしまうものもあるとわかり、フラッシュの切り替えを物理式でできるものに限定しました。

で、コンパクトフィルムカメラで調べるとオートボーイがでてきたのでその中でもフラッシュの切り替えが物理式のものを探しました。

あとは日付!が入るか!せっかくなので日付が入っているほうがいいなあと!

そして、最終的にmini Tに決めました~!3200円!だったかな?

オートボーイ2でも良かったのですが意外とサイズがでかくて断念。

 

スペック

・発売年月 1991年(平成3年)9月
・発売時価格 29,800円

薄型・軽量コンパクトの2焦点切り換え式オートフォーカス35mm全自動カメラ。
オートフォーカスは、近赤外光投射型の3点評価測距式、2焦点の切り換えは、38mm F3.8と70mm F6をスイッチで行っている。
ファッション感覚で気軽に携帯できるシンプルデザインの機種として人気が高かった。

・型式
35mmレンズシャッター式/2焦点切り換えオートフォーカス全自動カメラ

・AF方式
近赤外光投射による3点評価測距式オートフォーカス、プリフォーカス可 能、近距離警告あり、1点測距(画面中央部)、0.65m~∞

・レンズ
38mm F3.5(3群3枚構成)、70mm F6(6群6枚構成)、* 焦点切り換えスイッチにより変換可能

・フィルム装填・給送
フィルム位置合わせ、裏蓋閉じて自動セットされるオートローディング、内蔵モーターによる自動巻き上げ、巻き上げ速度は1コマ/秒

・フィルム巻き戻し
内蔵モーターによる完全自動式

・大きさと質量
125×68×53mm、255g(電池含む)

デート機能の日付の限界は、2019年なのであと2年・・・

CANON CAMERA MUSEAMから引用

 

作例





57910024a

57910001a

57910002a

57910003a

57910006a

57910007

57910008a

57910009a

57910018a

57910019a




57910023a

AFも露出も問題ありませんでした~~~~!!!!

しかも思っていたより写りもよかった~

フィルムの装填や巻き戻しも自動なので簡単!

SimpleUseFilmCameraから移行かな!

では~!

Simple Use Film Camera 作例

コメントを残す