(鉄拳7)スカ確や攻めるきっかけを作る方法 2018.03.08更新

 
攻めるきっかけや、よく聞く「スカ確」ってどんな時に生まれるのか。どうやればいいの?と初心者の方は思うかもしれません。
今回はほとんどのキャラが持っている
【しゃがみパンチ】1LPなど
【生ロー】2RKや2WK
【スラッシュキック】666LK
の3つの技で説明します。
しゃがみパンチ
1つ目のしゃがみパンチ(1Lpや2RPなど)は相手の攻めを止めたり、しゃがみパンチをガードやヒットさせた後にスカを作ることや逆に攻めに行けるようになります。しゃがみパンチをガードされた時は、確定反撃は受けないがフレームは不利になります。
※フレームや確定反撃についても、マガジン内にあるnoteで説明していますので良ければ読んでみてください!
そのため、しゃがみパンチをガードされた時にそのまましゃがみ中RK(トゥースマ)などの技を出してしまうと相手のライトゥー(9RK)に負けてしまいますので技を出す選択肢は取らないほうがいいです。
しゃがみパンチをガードされたら、バックダッシュまたは何もしない選択肢が良いかと考えられます。
バックダッシュをすることで、相手の技をスカせる場合があります(相手が出してる技にもよります)。何もしないことで、相手がガードされたらマイナス10フレーム以上ある技を出してきた場合確定反撃を入れてダメージを取ることができます!
ヒットしたときは攻める!
しゃがみパンチがヒットしたときはフレームは有利なので、そのまま割れないフレームでしゃがみ中RKをだしてもいいし、相手が固まるのが分かっていたら下段にいってもいいかもしれません。
しゃがみパンチはガードされてるかヒットしているかが重要!

生ロー
2つ目は生ロー(2RKや2WK)です。生ローはガードされたら確定反撃をくらい、ヒットしてもマイナス2フレームぐらいです。しかし、生ローをヒットさせることでスカ確を狙いやすくなります!
生ロー!バックダッシュ!相手が技スカす!スカ確に浮かし技!
みたいな感じです。しかし、上でも説明したように、相手が出す技にもよりますし、相手が技を出しておkない場合があるのでそこも頭に入れて置きましょう。

スラッシュキック
つ目はスラッシュキック(666LK)です。スラッシュキックはフレーム的に大幅有利をとれるので固まっている相手や、攻めるきっかけに使えます。

スラッシュキックをガードさせたら、割れないフレームのリーチが長いホーミング技で安定行動をとってもいいですし、スラッシュキックをガードして固まる人も多いので、前ダッシュし下段を出すのも有効です。
スラッシュキックは横移動でかわすことができるので注意!

 

【鉄拳7FR】スカ確や攻めるきっかけを作る方法 note

 

鉄拳7FRの記事は全てnoteへ移行しました。上記リンクからよろしくお願いいたします。

コメントを残す